貸金業法改正によるクレジットカードの注意

キャッシングベスト3

貸金業法改正によるクレジットカードのキャッシング枠の注意とは

貸金業法が変わってから、クレジットカードを新規に契約するときに、キャッシング枠とショッピング枠という二つの限度額を決めるにあたって知っておくべきことはありますか?

自身がどちらをよく利用するのかを知っておく必要があります

クレジットカードを利用する問に、多くの人が良く利用するのがショッピング枠だと思います。クレジットカードの利便性は、なんといっても、現金を持ち歩く必要がなくなることです。そういった観点から、クレジットカードでキャッシングするよりも、買い物自体をクレジットカードで済ませてしまうので、必然的にショッピング枠のほうが重要になります。貸金業法が変わって影響があるのは、総量規制についての考え方程度なので、クレジットカードについてはそれほど気にする必要はないでしょう。

あなたが、クレジットカードを契約するときに、どちらの機能をより多く利用するのかを知っておくことが重要です。万が一、ショッピングよりキャッシング機能を重視するのであれば、クレジットカードでキャッシングをするのではなく、消費者金融や銀行でキャッシングをしたほうが、金利の面からも得になるということを知っておくべきです。クレジットカードでもキャッシングは、正直に言えば、おすすめしません、金利が高いものそうですが、キャッシング枠に割くぐらいなら、ショッピング枠に余裕を持って限度額設定をしたほうが利便性が上がるからです。

貸金業法の改正でクレジットカードキャッシング枠が減っています

貸金業法の改正により規制が強化されたのは消費者金融だけではなく、銀行を含めて貸金業者全体です。クレジットカード会社も信販会社としてショッピングの部分は直接関係ないのですが、多くのカードが提供していたキャッシング機能が規制の対象となりました。まず総量規制を受けて年収の1/3までしか融資が出来ないカード会社がほとんどとなりました。

ほとんどのカード会社は信販会社でノンバンクですので、貸金業法のいうノンバンクに当たりますので、所謂総量規制の対象となりましたからです。また他社の借入れとの総額で100万円までとされました。これにより借り入れがある場合には信用情報を定期的に参照し、また信用情報を提供しなくてはいけなくなりました。このことは必ずしもキャッシングの利用が多くないクレジットカード会社には負担感が大きく、アメリカンエクスプレスやトヨタファイナンスなどのクレジットカード会社では、キャッシング機能の利用者が多くないことなどからキャッシングそのもを廃止するまでになりました。機能そのものを廃止しなかった多くのクレジットカード会社でもキャッシング枠を見直しました。

キャッシングの限度額を決めるためには年収の情報が必要であり、カードに加入するときに大雑把な年収額は把握していますが、キャッシングを利用する場合には定期的に収入証明を提出してもらう必要があり、その負担感もあるので利用されていない場合の貸付限度額を廃止しました。クレジットカード会社によってはキャッシングの利用者が多く収益の多くの部分をキャッシングが占めている会社もありましたので、逆にちからをいれているところもあります。そういうところでは積極的に50万円以上の枠を提供しているようです。またクレジットカード会社の多くはノンバンクであり総量規制の対象ですが、一部のカード会社は銀行系として総量規制外になっています。そういうカードではキャッシングの枠も100万円以上に設定が出来、金利も銀行系カードローン同様に安くなっています。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 家に郵便届かない【キャッシング】でお金を借りるならばココだ! All Rights Reserved.