銀行のキャッシングは審査の時に必要な書類があるの?

キャッシングって普通の借り入れよりかなり簡単に利用できるって聞きました。だったら、是非とも安心して利用できる大手銀行からキャッシングをしたいって考えているんですけど、消費者金融のキャッシングとは別に、銀行のキャッシングで特別必要になる資格や条件ってあるんですか?

銀行と消費者金融のキャッシングの条件は基本的には同じです

銀行だからといって、特別な資格や条件を求められるということはありません。キャッシングは、通常の借入と比べて、審査がかなり緩いです。それは銀行でも同じことです。キャッシングなどの短期になるであろう借り入れの場合、収入や職歴に要求されるものはそれほど多くなく、比較的誰でも利用することができます。

ただし、扱いが違うのは、無職の者に対してです。消費者金融の場合、無職の人間に対しても最低額であれば、キャッシングを許可している場合がありますが、銀行の場合は、無職だと100%に近い確率で断られます。というよりも、銀行で金融取引をする時に、無職または返済能力がないと判断された場合、あらゆる取引の対象にならないでしょう。

少し脱線しましたが、キャッシングをする場合は、消費者金融と銀行にはそれほど差が出ません。条件や金利もさほど変わらないので、金利の面で絶対に銀行にすべきということもないですし、消費者金融の方が審査が簡単ということもそれほどありません。

審査や金利よりも、利用する際のサービスの内容でキャッシング候補を選ぶほうが特になりやすいです。例えば、自宅に近いほうだったり、単に好みの問題でもいいでしょう。(借入の前の会社比較であればコチラのサイト「http://xn--o9j2jpa6b6d2878boq6b.com/」がオススメです。)

簡単な書類だけで申し込みができるキャッシング

人生には幾つかの大きな節目があり、その節目では必ずお金が必要になります。小学校の卒業式にはスーツを新調して、すぐに中学校の入学式までには制服を購入します。高校や大学となると、制服だけでなく入学金や教材費を支払わねばならず、大学の卒業後には成人式もあります。おめでたいことなのでお金がかかっても惜しくはない気もしますが、現実的に貯金が少ないと途方に暮れてしまいます。

そんな時に頼りになるのが、保証人なし、無担保でお金を借りれるキャッシングです。詳細はサービスの提供業者ごとに異なりますが、キャッシングを利用すれば、最大で数百万円のお金を年利5%~20%ほどの金利で借りれます。キャッシング大手のサービスを利用すれば、契約と同時にカードを発行してくれ、そのカードを用いて全国の提携金融機関やコンビニで自由にお金の借入と返済を行えます。

キャッシングの申し込みでは借入限度額を決定します。借入限度額とは利用者が借りることができる限度額のことで、その金額の範囲内でのみ自由に取引ができるというものです。限度額は初めて利用する場合に申請することになりますが、申請額が少なすぎると審査は通るものの高めの金利が適用され、大きすぎると金利は低くなりますが審査自体に通らない可能性が出てきます。そのバランスの中で利用者に適した金額を申請することになります。

キャッシングの申し込み手続きは利便性を高めるために簡略化されており、契約に必要なものは運転免許証やパスポートなどの本人確認書類と、源泉徴収票や給料明細書などの収入証明書類だけであることがほとんどです。また、限度額が一定額より低い利用者に対しては収入証明書類を不要としている業者もあります。

以上の様に、キャッシングは簡単な手続きで申し込みから契約まで済ませることができます。あらかじめカードだけは作っておき、普段は温存しつつも、いざという場合にだけ利用するという活用方法もあります。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2016 家に郵便届かない【キャッシング】でお金を借りるならばココだ! All Rights Reserved.