非正規社員がレイク借入で利用できる限度額

キャッシングベスト3

非正規雇用だとレイクの借り入れ1回でいくら借りれるの?

私は、今現在非正規雇用として働いています。借り入れをしようと思っているのですが、比較的非正規でも借りやすい消費者金融の中でも、レイクを利用しようと思っています。正規雇用に比べて非正規雇用が借入限度額を低く設定されることは知っているのですが、具体的に、初めての借入ではいくらぐらいまで借りることが出来るのですか?

基本的に非正規社員の最初の借り入れは最低限度額です

レイクに限らず、消費者金融で非正規社員が借入をしようとした場合、最初の借入では多くの場合、最低限度額の借り入れしかできないことが多いです。無論、収入が高いのであれば、その限りではないですが、アルバイトやパートなどの場合は、ほとんど借り入れができるのは、最低金額です。借り入れができる金額を上げるためには、収入を上げることよりも何度が利用して、信頼できる利用者だと証明する方が簡単です。

特に、大手の消費者金融を初めて利用する際、非正規の場合は、申し込みの段階であらかじめ低い借り入れ金額を提示することが重要です。まずは、借り入れ自体ができる状態を作り出し、信頼関係を築いていくことを最優先するべきです。何度化利用すれば、たとえ非正規であっても、高い借入金額で審査で蹴られなくなります。しかし、一度でも審査で蹴られると、申し込み自体を諦めなくてはいけなくなってしまいます。不自由ですが、非正規労働者が確実に借りるためには、この程度の考え方は必須です。当然のことですが、金融業者は、より返済能力の高い人にお金を貸したがります。最初の立場が既に違うのですから、それに合わせた立ち回りが要求されるのです。

レイクでのキャッシング1回でいくら借りれるか

何かともの入りの時期に手軽にキャッシングできるカードローンはとても便利です。例えばCMを目にした方も多いと思いますが、レイクは新生銀行のカードローンです。大手銀行のカードローンということで、初めての人でも利用しやすいでしょう。しかもレイクならば、安定した収入さえあれば、フリーターの方でもキャッシングが可能です。それではいったい、1回でいくら借りれるものなのでしょうか。

レイクであれば最低1万円から融資してもらえます。最高額は500万円までということですが、もちろん誰にでも500万円まで融資してもらえるわけではありません。カードローン申込時には審査があり、審査の内容よって利用限度額が決まります。

近年貸金業法が改正され、年収の3分の1までしか借り入れができないという、いわゆる総量規制が導入されました。ですから仮に年収が240万円の人であれば、その3分の1ですから、80万円までしか借り入れできないということです。なお年収の3分の1というのは1つの金融機関に対してではありません。複数の金融機関で借り入れを行っていれば、その総額が年収の3分の1以下でなければなりません。複数の借り入れ先がある方は注意してください。

もちろんこれは一例で、年収240万なら必ず80万円まで借りられる、というわけでもありません。貸し出す方にとってみれば、確実に返済してもらわなければなりませんから、実際には借り手の年収はもちろん、勤務先の勤続年数、持ち家かどうかなど、複数の事情を考慮して限度額を設定してくるでしょう。

これは借り手にとっても良いことです。なぜならば年収の3分の1というのはかなり大きな金額です。先ほどの例でいえば年収240万の人が80万を返済するとなると、仮に月に5万円ずつ返しても16カ月、さらにこれに利息がつきますから、完済には2年近くかかるでしょう。返済する時のことを考えれば、自分の収入と照らし合わせて無理の無い金額にすることが大切です。無理なく利用すればレイクはあなたにとって強い味方になってくれるでしょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 家に郵便届かない【キャッシング】でお金を借りるならばココだ! All Rights Reserved.