銀行のカードローン使用歴はクレジットカード審査に影響するの?

クレジットカードを新しく作ろうと考えています。でも、いま現在、銀行から、かなりの借り入れをしている状態です。返済でトラブルは起こしていませんが、まだ半分以上返済額が残っている状態です。そんな時にクレジットカードの申し込みをして、審査で蹴られないか心配です。銀行のカードローンはクレジットカード審査に関係ありますか?

クレジットカード審査で借金の有無はさほど重要視されません

滞納や延滞といった行為をしていないのであれば、クレジットカード作成において、借金の事実はほとんど影響されないというのが大半です。そのため、たとえ限度額いっぱいまで借入をしている状態でも、クレジットカード作成に関する条件さえ満たしていれば、問題ないでしょう。返済額がどのくらいあるかという内容は、クレジットカード会社はそれほど深く詮索しません。しかし、全く関係ないかといえばそうではありません。特に、複数の金融機関から同時に借入をしている場合は要注意です。額よりもむしろ、こちらのほうが重要です。

また、それとは別に借り入れをしている状況そも飲もを改善する必要性もあると考えられます。特に、限度額いっぱいまで借入をしている状態は、なるべく早く解決したほうがいいでしょう。クレジットカードで買い物をするということは、さらに借金を増やすようなものです。多重債務のような金融事故の原因になりやすいのでなるべくクレジットカード契約をするときは、借金がない状態でするほうがいいでしょう。

銀行のカードローンとクレジットカード影響の関係性とは

借り入れに関する新たな規制として総量規制が導入されることになり、年収の一定の割合を超える借入れはできなくなりました。これはクレジットカード影響するもので、クレジットカードのキャッシング枠を利用する事で一般的なカードローンでの借り入れに影響を及ぼす事もあります。そのため、クレジットカードの利用の際にも注意して、この借り入れのサービスを利用する事が必要になるのです。

一般的なクレジットカードのキャッシング枠の利用は規制の対象で、年収の三分の一以上の借入れがある場合、新たな借り入れができません。そのため、キャッシング枠のあるクレジットカードの発行もできないことになるのです。しかし、クレジットカードを利用した買い物はこの規制の対象外となる事に加え、クレジットカードを利用しての分割払いやリボ払いなどを行っている状態でも、これらの支払いは規制の対象外となるので、年収の三分の一以上の借入れがあるような状態でも、クレジットカードを使用しての買い物は可能なのです。

しかし、この規制の対象となる業者とは、一般的な消費者金融や信販会社などで、銀行や信用金庫などは対象外となります。そのため、他の金融機関からの融資とは異なり、銀行系のサービスの申込みで、このクレジットカードのキャッシング枠の利用が融資限度額で問題となる事はないのです。それゆえに、住宅ローンや車のローンで銀行から融資を受けていても、この銀行からの融資は規制の対象外となる為に、信販系の会社や消費者金融などの金融機関で新たな融資の申込みは可能になります。又、この規制は銀行系のカードローンも対象外としているので、他の業者からの借り入れとは異なり、年収の三分の一以上の借り入れが実質的に可能になります。銀行系のサービスも性質的には他の業者のカードローンと同じですが、総量規制の対象外となる為に、この年収の規制を越えての融資を受けることができるのです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 家に郵便届かない【キャッシング】でお金を借りるならばココだ! All Rights Reserved.