家に郵便が届かないようにお金を借りるにはどうしたら…

家に郵便が届かないようにお金を借りるにはどうしたらいいでしょうか…

郵便が届かないように契約できる会社を選びましょう

郵便が届いて欲しくない、ということは、家の人にばれたくない、ということではないでしょうか?家の人にカードローンの存在がばれてしまうパターンとしては、郵便の他に、電話連絡による本人確認があります。これらをなしにして契約を交わしてくれる会社がありますので、そういったところを利用しましょう。

ばれないように協力してくれやすいのは、大手消費者金融がそういった点については強いです。審査も緩く、書類が必要無い場合も多いのです。カードが郵送されることも、店頭に取りに行くなどすれば解決できます。その場合、契約の申し込み時にしっかりとその点を申し伝えておく必要があります。もし不安であれば、電話で「ばれないようにするにはどうしたらよいか」を問い合わせしてみましょう。店頭の窓口で相談するのもOKです。

「ばれたくない」という旨を伝えると、相手は理解して説明をしてくれます。そもそもその会社がばれないようなシステムがない会社であれば、断ってくれますし、システムがある会社であれば、手順を教えてくれるでしょう。疑問がある場合は、どんどん質問しおきましょう。あとは、説明してくれた手順に沿って契約を進めていきます。

消費者金融であれば、即日カード発行という会社も多いので、次の日にはカードを受け取ることができます。カードを手に入れたら、あとはATMなどを利用してキャッシングすればOKです。きちんと契約をしていれば、明細書が郵送されることもありません。本人確認の電話などもこれ以降は一切ありませんので、心配ありません。

ただし、滞納だけは絶対に避けましょう。決められた期日までに返済がない場合、カード会社はまず電話連絡をしてきます。最初の段階は本人の携帯電話への連絡で済むでしょう。しかしそれすらもほうっておくと、自宅や職場への連絡は避けようがありません。カード会社も貸したお金を回収しなければならないため、ありとあらゆる手段をとってきます。こうなってしまっては、ばれないような契約も水の泡となってしまいます。万が一遅れそうな場合は、きちんと相手先に連絡して、その事をまず伝えましょう。また、電話がかかってきた場合は、確実に取るか、取れなかった場合は、なるべく早く折り返し連絡をするように心がけましょう。

家に郵便届かない人がお金を借りるにはどうすればいいの?

家に郵便が届かないというケースでお金を借りることが出来るかという相談をされたことがあります。そもそも、家に郵便が届かないというのはどういうことなのかですが、たとえば、引越し中でまだ決まった住所がないであったり、長期旅行中で家に郵便が届いても、その中身を確認できないケースであったり、ホームレスなど特定の住居自体を持っていないというケースなど、その内容な多岐にわたります。そう言った状態で消費者金融から借入をすることができるのかというのが、主な疑問のようです。

原則的に、住所がないという状態は、ほとんどの銀行、消費者金融で理由を聞かれます。契約申込書の住所記入欄に何も書かなければ、当然相手は不審に思ってしまいます。とはいえ、収入がしっかりあり、かつ住所がない理由が妥当性があるものだと説明できればなんとかなるケースも希に存在します。しかし、契約書類やその後の事を考えると、書類関係を一切郵送できないため、やはり借り入れはしにくくなると考えられます。

住所がないと絶対に借りれすることができないかというと、そうではありません。そういっや郵便上のやり取りをしないで借り入れをすることができる消費者金融の場合、たとえ住所に問題があっても借入が可能な場合があります。特に口座と収入さえあれば、ほかの条件がほとんどいらないモビットなどのキャッシング、そして、借り入れの中でも最も審査が簡単と言われる、中小の消費者金融の低額カードローン。この二つであれば、場合によっては借り入れで断られずに済む可能性もあります。

家に郵便が届かない場合と住所自体がないというのは厳密には意味が異なります。住所自体がない場合は、万が一返済過程でトラブルが起きた時に消費者金融側として対処が取りづらくなるので、お金を貸したくない相手であるのは間違いありません。しかし、短期のキャッシングなどの、要は返済さえしてもらえればいいという場合、たとえ住所がなくても、勤務先がわかっていて、収入に問題がなければ、借り入れができるというケースも意外と多いのです。また、インターネットなどで調べると、郵便物のやり取りを一切せずに借り入れができる金融業者を見つけることができるでしょう。

私はこんな理由で借りました!

好きな観劇もキャッシングが活躍!

俺は芝居が好きで、よく観に行くんですよ。だいたい月一ペースなんで、通常そんなに負担は無いんですが、たまに月に何本か観たい芝居が重なったり、しかも大劇場でチケット代が高かったりすると、お金がピンチになります。

でも観たいものは我慢出来ないんですよね。それでそんな時の為にカードローンを申し込もうと思ったんです。ピンチの時だけ借りて、普段余裕のある時に返してしまえば、利息もそんなに掛からなくて良いですから。

利用して正解でしたね。必要な時にすぐ借りてチケット買えますし、早く返してしまえば利息の負担も無くて安心です。これでこれからも、好きな芝居を逃さず観劇出来ますね。

利息もそんなにかかりません!

最近、とても疲れやすくなったのを感じます。仕事が忙しくて、食事のバランスが悪くなっているからかもしれません。そこで、私は健康食品を試してみることにしました。でも良さそうなものは高いんですよね。

お得に手に入れるのならまとめ買いがいいんですが、そのためにはお金もまとめて必要になります。でも、自分のためだからと、私はお金を借りて健康食品を買うことに決めたんです。まとめ買いの方が得なんだからこれは賢い方法ですよね。

それでキャッシングの申し込みをしたら、すぐにお金が借りられて、助かりました!できるだけ早く返せば、利息も少なくて済むのも魅力です!

誰にも迷惑かけずに20万円借りた

趣味で語学サークルに入っているのですが、今度合宿するということになり、合宿の費用を用意しなければならなくなりました。それに加えて、個人的に必要な語学の教材があって、お金を借りて用意しなければ生活費が成り立たないという結論に至りました。

しかし、人からお金を借りるとやはり迷惑をかけてしまう。親でも同僚でも他人から金を借りると縁もなくなるといわれていますよね。

ですから、私は、安心できるキャッシング会社を選びました。会社から借りれば、誰にも迷惑をかけることはありません。おかげで、安心して合宿に行くことができました。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2016 家に郵便届かない【キャッシング】でお金を借りるならばココだ! All Rights Reserved.